Topイベント一覧>第40回女流展

第40回女流展

今回で終了

第40回女流展

    月日
    • 2020年3月18日(水)~2020年3月29日(日)

    「女流展 出品目録」ファイルダウンロードは、こちら。

    「女流展 出品目録」ファイルダウンロードは、こちら。

    「女流展 コンセプト用紙」ファイルダウンロードは、こちら。

    「第40回高知県女流美術展覧会(女流展)」(高知新聞社、RKC高知放送主催)を来年3月に開催します。本展は今回をもって終了となります。

    第1回の女流展が開催されたのは、女性の社会進出への機運が高まり始めたばかりの1981年(昭和56年)でした。芸術分野でも女性が男性と同等に活動することを目指し、彼女らの作品に光を当てていく取り組みでした。

    現在では秋の県展の出品者も半数以上が女性となるなど、所期の目的は達しました。これまでさまざまな形で本展を支えていただいた出品者、関係者各位に深く感謝申し上げます。

    最後の女流展へ、奮っての出品をお待ちします。

    会場

    高知県立美術館(第2、第3展示室他)

    スケジュール

    搬入

    令和2年3月15日(日)9:30~16:00 ※高知県立美術館 搬入口

    会期

    3月18日(水)~29日(日)9:00~17:00〔入場は16:30まで。会期中無休〕

    搬出

    ※作品は美術館搬入口から搬出してください

    選外作品

    3月20日(金・祝)・21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日)9:00~16:00、 30日(月)9:00~12:00 ※ 29日は18:00まで ※ ただし先端美術は17日(火)9:00~17:00

    入選作品

    3月29日(日)17:05~18:00、 30日(月)9:00~12:00

    出品手数料

    出品手数料は1人1点につき3,000円(ただし大学生、高校生、専門学校生は1,500円)。同一部門で2点目からは 1点につき1,500円(大学生、高校生、専門学校生を含む)。

    展示作品の撮影について

    個人的かつ非商業的な利用目的に限り、 ビデオ・写真撮影が可能。ただし、フラッシュや三脚などは使用禁止。混雑状況等により、撮影を全面禁止にする場合もある。また元の作品を改変する行為を禁じる。

    個人情報の取り扱いについて

    搬入に際して取得した個人情報は、入選・入賞の場合は高知新聞紙面・ウェブサイトに氏名、女流展目録に住所(一部)・氏名を掲載するほか、本会の運営に限り使用する。

    出品規定

    出品は高知県在住または出身の女性(県内の学校に在籍していた者も含む)で、自己の作品に限る。ただし次項のものは出品できない。また出品後でも各項のいずれかに該当すると認めた場合は陳列作品を撤回させる。

    1. すでに展覧会、刊行物その他公の場(SNSなどのインターネット環境も含む)とみられるものに発表したことのある作品、または類似作品と見なされる作品
    2. 制作後5年を過ぎた作品(写真は撮影後5年を過ぎた作品。ただし新旧を対比させる内容の組み写真はこの限りではない)
    3. 風教に害があると認められる作品
    4. 模写その他自己の創作でない作品(書道の古典臨書は除く)
    5. 出品作品規格外の作品
    6. 中学生以下の者
    • 出品点数に制限なし。ただし同一部門に一人で複数出品する場合は一括搬入しなければならない。
    • 故人の制作品はその相続人が出品することができる。
    • 共同制作の作品を出品する場合はその代表制作者名(個人)一名を出品者とする。ただし代表制作者は共同制作者(個人)の氏名を付記しなければならない。
    • 本会の指定する特別出品以外の作品を出品する時は出品手数料を納めること。既納の出品手数料は、いかなる事由があっても還付しない。
    • 出品した作品は撤回することができない。
    • 出品作品には陳列に適当な装飾装置をすること。
    • 出品者は陳列作品の位置配列等について異議を申し立てることはできない。
    • 作品の荷造り運送その他特別に展示に必要な費用などは出品者の負担とする。
    • 本会は作品の保管について十分注意をするが不慮の災害、紛失、毀損に対してはその責を負わない。
    • 本会は作品を撮影もしくは模写し、印刷物あるいはウェブに掲載することがある。

    鑑査および審査

    鑑査は搬入された作品につき陳列すべきものを定め審査は陳列作品につき優秀なものを選定する。出品者は鑑査および審査に対する異議を申し立てることはできない。

    搬出

    作品の搬出は本会の指定する搬出日に作品預かり証と引き換えに出品者の方で搬出すること。指定搬出日に搬出しない時は本会で処理し、その後は責任を持たない。処理に必要な費用は出品者の負担とする。

    出品作品規格

    洋画

    72.7cm×50cm(20号)以上で必ず額装(展示可能な装置、枠装を含む)のこと。額装を含めて140cm×110cm(60号)以内。ただしペン画、版画、パステル画などは額寸法53cm×33.3cm(10号)以上。厚さは額装を含めて10cm、重さ20kg以内。額装にガラスを使用しないこと。ただし水彩、パステル、素描、版画などはアクリルの使用可。

    日本画

    72.7cm×50cm(20号)以上で必ず額装のこと。額装を含めて125cm×125cm(50号)以内。額装にガラス、アクリルなどを使用しないこと。軸装は不可。

    彫刻

    搬入・移動・展示が可能なもので、縦、横とも2m以内。高さ2.5m以内。石こう、または実材に限る。土、油粘土は不可(紙粘土は可)。

    工芸

    平面作品は縦、横とも2m以内。立体作品は1m3以内。重さは50kg以内。額装作品のガラス、アクリルなど使用不可。ただし押し花はガラスの使用可、圧着・密閉すること。壁面作品は重量および安全性を考慮した展示可能な懸垂装置を施し着物は衣桁を付けること。刀剣類は不可。

    書道

    額装を含めて191cm×90cm以内。ただし縦作品に限り61cm(2尺)×243cm(8尺)以内。刻字を除き、必ず額装のこと。軸装、ガラスの使用は不可。規定の用紙に釈文を記入し添付のこと。出品目録の種別欄へ作品の区別〔多字数・少字数(4字未満)・かな・近代詩文・調和体・篆刻・刻字・前衛〕を明記のこと。

    写真

    カラ-、白黒の区別なく、単写真、または組み写真で1枚の木製パネル張りに限る。大きさはパネルを含めて35cm×54cm以上、55cm×65cm(市販の全紙木製パネルの大きさ)以内。厚さはパネルを含めて2cm以上、3.5cm以内。画面に字句の説明およびガラス、ビニ-ルの使用は不可。パネル貼りしたものに限る。デジタル加工したものについては出品目録の種別欄にその旨を明記すること。

    グラフィックデザイン

    パネルまたは額装を含めて51.5cm×72.8cm以上、75.8cm×106cm以内で、厚さはパネル、額装を含めて18cm以内、重さは10kg以内とする。額装は、厚さ5mm以上でガラスを使用しないこと。自由課題でポスタ-、イラストレ-ション、カレンダー、タイポグラフィー、ブックカバー、包装紙、パッケ-ジなど選択は自由。使用文字は和文、外国文など自由だが、現存作家、タレントなどの実名ならびに既存の商品、商社名などの固有名詞、実在のURLは避けること。ただし公共の利益を目的とした内容の文字はその限りではない。出品者のサインは可(20mm×50mm以内)。また、写真の使用については著作権、肖像権に十分注意すること。出品目録の種別欄へ作品の使用目的(ポスター、イラストレーションなど)を明記のこと。

    先端美術

    屋外作品は床面積10m2以内、長さ10m、高さ4m以内で、高知県立美術館の付帯設備(樹木・植栽・芝生などを含む。ただし池内設置は除く)利用作品は不可。美術館の定める範囲外の場所には展示できない。屋内作品は長さ一辺2m以内で床面積1.5m2以内、高さ2.9m以内。屋内作品の重さは200kg以内のもので床面その他を傷つけないこと。会場内の付帯設備(パネルレール、スポットライトなど)を展示には使用できない。規定の用紙に作品コンセプトを記入して添付のこと。
     用紙は上記からダウンロードまたは搬入の当日会場で記入。

    前項規格内であっても次のものは出品できない。

    1. 不快音または高音を発するなど他に迷惑を及ぼす仕掛けのあるもの。
    2. 悪臭を発し、または腐敗変質の恐れのある素材(ドライフラワー・流木等、虫菌害の恐れのあるものを含む)を使用したもの。
    3. 刃物、火気、ガスなどの危険物を素材に使用し危害を及ぼす恐れのあるもの。
    4. 砂、土などを床面に置いたり、また液体など会場設備を損傷、汚染するような素材を使用したもの。
    5. 会場内の電気使用を必要とするもの(ただし「先端美術」屋内展示を除く)。
    6. その他高知県立美術館使用規則に違反(高知県立美術館ウェブサイト)、また本会の展示や運営に支障を生じる恐れのあるもの。

    Recommended