Top > プロフィール

プロフィール

倉橋三郎

倉橋三郎

高知県生まれ。大阪芸術短期大学デザイン美術科を卒業、阿佐ヶ谷美術デザイン専門部卒業、絵画を鍋井克之、グラフィックデザインを中村真、ミューラ・ブロックマンに師事。新聞社PR室を経て、フリーのグラフィックデザイナーとして独立。
実姉の倉橋由美子「暗い旅」の装丁を契機に出版美術の仕事に入る。以来、読み継がれる美しい本作りをめざして装画・装丁は3000冊を超える。昨今、オリジナルの絵に人気が集まり個展を精力的に開催。
ファンの間で静かなブームを呼んでいる。

主な仕事(装丁・装画)

山岡荘八「伊達正宗」(全6巻)
富田常雄「武蔵坊弁慶」(全10巻)
松本清張「異変街道」(上下)
舟橋聖一「太閤秀吉」(全8巻)
津本陽「宇喜多秀家」「青雲士塊録」「柳生十兵衛七番勝負」(オール読物・挿絵)
今東光「蒼き蝦夷の血」(全5巻)

展覧会歴

1996年原宿積雲画廊
1997年長野小布施町・日本盆栽美術館
1997年国立・ギャラリー悠
1998年高知県立文学館
1998年高知県土佐山田町美術館
1999年国立・ギャラリー悠
1999年王子ペーパーギャラリー銀座・企画展
2000年銀座・三越美術画廊・企画展
2001年国立・ギャラリー悠、原宿積雲画廊
2002年国立・ギャラリー悠、築地・聖路加画廊、原宿積雲画廊
2003年築地・聖路加画廊、国立・ギャラリー悠
2004年築地・聖路加画廊、国立・ギャラリー悠
2005年築地・聖路加画廊、国立・ギャラリー悠、原宿積雲画廊
2006年築地・聖路加画廊、国立・ギャラリー悠