高知新聞観光から、感動の旅をお届けします。

TEL088-825-4334

FAX088-825-3068

営業時間月曜〜金曜 9:30〜17:30

We can not accept this mail form from overseas.お申し込み資料請求

メニュー

初心者のための山歩き旅行

初心者のための山歩き旅行は、これからハイキングや登山をはじめたい方や基礎を学びたい方のための山歩きです。
毎回テーマに沿って、登山ガイドのレクチャーを受けながら楽しくステップアップしていきます。
山歩きで素晴らしい自然をご一緒に楽しみましょう!
初心者のための山歩き体験レポート 初心者のための山歩き体験レポートno.2

高新観光オススメポイント

  • 初心者のための山歩き旅行ポイント1
  • 初心者のための山歩き旅行ポイント2
  • 初心者のための山歩き旅行ポイント3
  • 初心者のための山歩き旅行ポイント4
  • 初心者のための山歩き旅行ポイント5

ツアー一覧2018年4月~12月 高知発着

   
  • 瀬戸内海・王子ヶ岳ハイキング
    日帰り体力技術
    第1回 初めての山歩き/服装と装備・疲れない歩き方
    瀬戸内海・王子が岳ハイキング
    期間4月15日(日)料金12,800円
    終了しました
  • 阿波富士・ツツジ咲く高越山
    日帰り体力技術
    第2回 地形図の読み方
    阿波富士・ツツジ咲く高越山
    期間5月20日(日)料金12,800円
    終了しました
  • 伊吹山と御在所岳
    2日間体力技術
    第3回 山歩きのトレーニングとアクシデント対策
    伊吹山と御在所岳
    期間6月9日(土)~10日(日)料金45,000円
    終了しました
  • お花畑の千畳敷から木曽駒ヶ岳へ
    3日間体力技術
    第4回 初めてのアルプス登山&高山植物観察
    お花畑の千畳敷から木曽駒ヶ岳へ
    期間7月14日(土)~16日(月/祝)料金68,000円
    終了しました
  • 乗鞍岳登頂と平湯温泉ハイキング
    3日間体力技術
    第5回 初めての3000m峰・高所登山の注意点
    乗鞍岳登頂と平湯温泉ハイキング
    期間7月28日(土)~30日(月)料金68,000円
    終了しました
  • 北アルプス唐松岳
    3日間体力技術
    第6回 初めての山小屋宿泊
    北アルプス唐松岳
    期間8月17日(金)~19日(日)料金78,000円
    終了しました
  • 王ヶ頭ホテルに泊まる 蓼科山・霧ヶ峰・美ヶ原
    3日間体力技術
    第7回 山の天候と観天望気
    王ヶ頭ホテルに泊まる 蓼科山・霧ヶ峰・美ヶ原
    期間9月8日(土)~10日(月)料金88,000円
    終了しました
  • 大峰・八経ヶ岳と紅葉の吉野・西大台ケ原
    3日間体力技術
    第8回 秋から冬の服装について
    大峰・八経ヶ岳と紅葉の吉野・西大台ケ原
    期間10月19日(金)~21日(日)料金65,000円
    終了しました
  • 紅葉の京都 比叡山と大文字山&銀閣寺
    2日間体力技術
    第9回 忘年山行
    紅葉の京都 比叡山と大文字山&銀閣寺
    期間12月8日(土)~9日(日)料金45,000円
    詳細へ
  • 初心者のための山歩き旅行 特別山行高山植物と紅葉のベストシーズン東北の百名山を登ろう!

  • 八幡平・八甲田山・岩木山
    3日間体力技術
    東北の高山植物咲き乱れる名鋒へ
    八幡平・八甲田山・岩木山
    期間7月7日(土)~9日(月)料金138,000円
    終了しました
  • 西吾妻山・磐梯山・安達太良山&神秘の五色沼
    4日間体力技術
    東北の紅葉と温泉を楽しむ
    西吾妻山・磐梯山・安達太良山&神秘の五色沼
    期間10月12日(金)~15日(月)料金148,000円
    終了しました

歩行レベルのご案内

体力度 歩行時間/獲得標高
体力【初級】 4時間以内/700m以内
体力【一般】 4時間以上/700~1500m程度
体力【中級】 6時間以上/1500~2000m程度
  • 歩行時間休憩時間を含まない歩行時間の目安
  • 獲得標高登り・下りの標高差の合計
          
技術度 コース中の危険個所の有無
技術【初級】危険個所の少ない整備された道
技術【一般】 一部に鎖場・梯子場・岩場有

登山装備と服装

                                      
ザック 防寒着
ザック 日帰りは25~30L、宿泊は35~40Lが目安。体や用途に合ったものを選びましょう。ザックカバーがあれば、雨天時便利です。防寒着 フリースや保湿性のある衣類。さらにその上に厚手のレインスーツなど風を遮れるものを。
雨具 軽食類
雨具 山の天気は変わりやすいので必ず持参を!上下別のセパレート型がよい。ゴアテックス製がおすすめ。軽食類おにぎりやパン、好きなものでかさばらない物。チョコレートなど・・・疲労回復時の即効性のあるエネルギー源として役立つ。
着替え飲料水
汗をかくので必要!雨天時は濡れるのでビニール袋に入れておこう。 500ml2本が目安。
割高ですが山小屋での購入も可能。
ヘッドライトその他
ヘッドライト日帰り山歩きでも必ずお持ちください。その他 時計・タオル・ゴミ持ち帰り用袋
携帯電話・ティッシュペーパー 等

 
帽子 手袋
ハット・キャップ型どちらでもOK。必需品!! 寒さよけ、ケガを予防するためにも必要。
上着・下着 ズボン
体温の調整を素早くするために脱ぎ着しやすいもの。
汗をかくので下着は必ず用意しよう。
伸縮性があれば普通のズボンでもOK。Gパンは乾きが悪く不可。
スパッツ くつ下
砂が靴の中に入るのを防いでくれます。あれば大変便利。 マメや靴ずれを防ぐために厚手のものを
登山靴 ストック
砂が入りにくく、足首まで保護できる物が望ましい。靴底がしっかりしたカット(くるぶしを被う深い靴)のものがおすすめ。 下山時にヒザの負担が軽減される。あれば便利。

※身に付けるものは化繊かウールのもので速乾性があるものをご用意下さい
登山の服装のポイントは薄いものを重ね着する事。温度調節がしやすくなり、快適に歩けます!

ご参加にあたって(必ずご一読下さい)

  • 万が一の事故に備え、山岳保険への加入をお薦めいたします。
  • 悪天候等により旅程を変更したり、登山そのものを中止する場合があります。安全を優先するガイドの判断にご協力をお願いいたします。
  • お客様の過失による登山中の事故、災害については当社は一切の責任を負いません。事故費用はお客様の負担となりますので予めご承知おき下さい。