Top >これまでの例会
2018年度

5月例会2018年 5月23日 (水) 高新文化ホール

演題
「憲法の急所~自民改憲案のポイント」
講師
木村 草太(きむら・そうた)
首都大学東京教授
講師略歴
1980年神奈川県生まれ。2003年東京大学法学部卒業後、06年まで同大学法学政治学研究科助手。06年から首都大学東京准教授、16年より現職。法科大学院での講義をまとめた「憲法の急所」(羽鳥書店)は「東大生協で最も売れている本」として話題になる。研究テーマは思想・良心の自由、平等原則、代表概念論、公共建築と法など。テレビ朝日「報道ステーション」等でコメンテーターとしても活躍中。37歳。
主な著書
「平等なき平等条項論」(東京大学出版会)、「憲法の急所」(羽鳥書店)、「憲法という希望」 (講談社現代新書)、「キヨミズ准教授の法学入門」(星海社新書)、「憲法の創造力」(NHK出版新書)など多数
木村 草太

4月例会2018年 4月24日 (火) 高新文化ホール

演題
「日米中の貿易摩擦の現状と展望」
講師
加藤 創太 氏 (かとう・そうた)
東京財団政策研究所常務理事
講師略歴
1966年、ベルギー・ブリュッセル生まれ。東京大学法学部卒業後、91年に通商産業省入省(大臣官房総務課企画室)。経済産業省国際経済課課長補佐(多国間貿易交渉担当)、経済産業研究所上席研究員などを経て退官。ハーバード大学ビジネススクール修士課程(MBA、優等号受賞)、ミシガン大学政治学部博士課程修了。東京財団常務理事、上席研究員のほか国際大学教授、横浜国立大学客員教授など。
主な著書
「日本経済の罠――なぜ日本は長期低迷を抜け出せないのか」(小林慶一郎一橋大学教授との共著・日本経済新聞社)で第44回日経・経済図書文化賞、第1回大佛次郎論壇賞奨励賞受賞。「財政と民主主義」(共著、日本経済新聞出版社)他
加藤 創太 氏 
次回例会のご案内