Top >これまでの例会
2018年度

9月例会2018年 9月19日 (水) ザ クラウンパレス新阪急高知

演題
「「安倍3選の向こう側」~自民1強政治の先にあるモノ」
講師
有馬 晴海(ありま はるみ)
政治評論家
講師略歴
長崎県生まれ。立教大学経済学部卒業後、リクルート入社。85年に国会議員秘書となり、96年政治評論家として独立。テレビ・ラジオで政治評論やコメンテーターとして活躍しているほか、週刊誌やスポーツ紙でも執筆。政治勉強会「隗始塾」を主宰。ポスト小泉レースで用いられた「麻垣康三」の名付け親でもある。
主な著書
「『有馬理論』総理大臣になる方法」(双葉社)「永田町Newパワーランキング100」(薫風社)「政治家の楔」(近代文芸社)「議員秘書の打ち明け話」(コスモ出版)など多数
有馬 晴海

7月例会2018年 7月10日 (火) 高新文化ホール

演題
「甲子園100回~高校野球の光と影」
講師
玉木 正之(たまき まさゆき)
スポーツ評論家
講師略歴
1952年京都市生まれ。
東京大学中退。在学中より東京新聞で執筆活動を開始。その後、新聞各紙はもとより「週刊ポスト」「週刊現代」「NUMBER」「文藝春秋」「新潮45」など多くの紙媒体で精力的に執筆活動を展開し、日本で最初のスポーツライターを名乗る。、オペラにも造詣が深く「レコード芸術」「音楽の友」「CDジャーナル」等で音楽評論・映画評論を手掛け、「オール讀物」には小説を発表。テレビ出演も多く、「ニュース新発見インサイト」「ちちんぷいぷい」「VOICE」でレギュラーコメンテーターを務めるほか、「ひるおび!」「ワイド・スクランブル」「クローズアップ現代」などにも出演している。静岡文化芸術大学、石巻専修大学の各客員教授、立教大学大学院、筑波大学大学院で非常勤講師を務める。
主な著書
「スポーツとは何か」(講談社現代新書)「スポーツ解体新書」(朝日文庫)「不思議の国の野球(ベースボール)」「タイガースへの鎮魂歌」(河出文庫)「クラシック道場入門」「オペラ道場入門」(小学館)「京都祇園遁走曲」(文春文庫)など多数
玉木 正之

6月例会2018年 6月22日 (金) ザ クラウンパレス新阪急高知

演題
「米朝首脳会談の徹底検証」
講師
礒﨑 敦仁(いそざき あつひと)
慶應義塾大学法学部准教授
講師略歴
1975年、東京都生まれ。97年慶應義塾大学商学部中退(飛び級)、99年同大学大学院修士課程修了後、ソウル大学大学院博士課程に留学。在中国日本国大使館専門調査員(北朝鮮担当)、外務省第三国際情報官室専門分析員、警察大学校専門講師、米ジョージワシントン大学客員研究員、ウッドロウ・ウィルソンセンター客員研究員など。ほかに東京、静岡、東海、三重中京の各大学でも非常勤講師も歴任。2015年より現職。
主な著書
『新版北朝鮮入門』(東洋経済新報社)『東アジア分断国家』(原書房)『新聞・テレビが伝えなかった北朝鮮』(角川書店)など多数。また、『現代用語の基礎知識』の「朝鮮半島」を10年以上執筆担当。
礒﨑 敦仁

5月例会2018年 5月23日 (水) 高新文化ホール

演題
「憲法の急所~自民改憲案のポイント」
講師
木村 草太(きむら・そうた)
首都大学東京教授
講師略歴
1980年神奈川県生まれ。2003年東京大学法学部卒業後、06年まで同大学法学政治学研究科助手。06年から首都大学東京准教授、16年より現職。法科大学院での講義をまとめた「憲法の急所」(羽鳥書店)は「東大生協で最も売れている本」として話題になる。研究テーマは思想・良心の自由、平等原則、代表概念論、公共建築と法など。テレビ朝日「報道ステーション」等でコメンテーターとしても活躍中。37歳。
主な著書
「平等なき平等条項論」(東京大学出版会)、「憲法の急所」(羽鳥書店)、「憲法という希望」 (講談社現代新書)、「キヨミズ准教授の法学入門」(星海社新書)、「憲法の創造力」(NHK出版新書)など多数
木村 草太

4月例会2018年 4月24日 (火) 高新文化ホール

演題
「日米中の貿易摩擦の現状と展望」
講師
加藤 創太 氏 (かとう・そうた)
東京財団政策研究所常務理事
講師略歴
1966年、ベルギー・ブリュッセル生まれ。東京大学法学部卒業後、91年に通商産業省入省(大臣官房総務課企画室)。経済産業省国際経済課課長補佐(多国間貿易交渉担当)、経済産業研究所上席研究員などを経て退官。ハーバード大学ビジネススクール修士課程(MBA、優等号受賞)、ミシガン大学政治学部博士課程修了。東京財団常務理事、上席研究員のほか国際大学教授、横浜国立大学客員教授など。
主な著書
「日本経済の罠――なぜ日本は長期低迷を抜け出せないのか」(小林慶一郎一橋大学教授との共著・日本経済新聞社)で第44回日経・経済図書文化賞、第1回大佛次郎論壇賞奨励賞受賞。「財政と民主主義」(共著、日本経済新聞出版社)他
加藤 創太 氏 
次回例会のご案内